災害救助犬活動・和歌山
 介助犬北斗の引退に伴い、リニューアルスタート。和歌山の災害救助犬について書きすすめたい
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








介助犬北斗と学ぼう


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします

介助犬 北斗と学ぼう!!

親子で学ぶ介助犬の講演会

北斗1


ビッグユー多目的ホール

8月24日に和歌山県立情報交流センター・ビッグユ
ーにて鈴木さんの講演会があった。

山口館長さんの趣旨説明の後早速鈴木さんの登場。

北斗との出会い、トレーニングについての話。
ある程度の基礎訓練済ませた後、障害持ってる人の状
態に合わせて、カスタマイズされた訓練が施されるの
だそうである。

北斗3
北斗4


其れと介助犬の認定試験では朝の9時頃から3時頃迄
5人の審査員の前で色んな動作や障害クリヤーをやっ
て見せたそうで、パスの言葉聞いた時は本当に嬉しか
ったそうである。

未だ介助犬和歌山ではたったの1頭,全国でも40頭
程度、1000頭近い盲導犬に比較して圧倒的に少な
い。

一つには、補助犬法の設定が最近のことでもあり、又
トレーナーがまだ育っていないことも1因かもしれな
い。

こうした鈴木さんの啓発活動が将来的に世間の介助犬
に対する、普及・啓発につながっていくのである。

其れから、鞄、財布、携帯、ペンシルなど、ものに応
じて拾って渡したり、特にコインは難しいように思え
るんだが、器用に拾って鈴木さんに渡す。

北斗5
北斗6


電気をつけたり消したり、新聞を取ってきたり、エレ
ベーターのボタンを押したり、車いすから降りたり、
乗ったりの作業の支えになったりと日常生活の北斗の
仕事ぶりを実際にやってみせる。

最後に、北斗に触ったり遊んだりしたい子供たちが北
斗を取り巻いていた。

北斗7


其れと北斗の体重当てクイズ、普段は33キロあるん
だが、今は夏やセして31,87キロで結構2キロ以
上もへらすんだと驚き・

当方のブルのゆりチャンダイエットで食事制限してい
るにも拘らず前々体重落とさないのと大違い。


テレビ和歌山も取材に来て、6時からのニュースの中
で今日の催しを好意的に取り上げていた。

TV1
TV2


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします





ジャンル:福祉・ボランティア テーマ:ボランティア活動
2008⁄08⁄26 11:07 カテゴリー:介助犬・補助犬 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








親子で介助犬北斗と学ぼう


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします

親子で、介助犬北斗と学ぼう

8月24日、県立情報交流センター・多目的ホールにて
開かれます。

北斗の介助デモンストレーションがみれますよ。

勿論取材兼ねて行くことにしています。

鈴木さん・北斗と久しぶりの再開です。 

ポスター


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします





ジャンル:福祉・ボランティア テーマ:身体障害者補助犬
2008⁄08⁄23 16:30 カテゴリー:介助犬・補助犬 comment(0) trackback(0)







介助犬北斗君の応援ポスター


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします

介助犬、募金用ポスター

介助犬の募金のポスターが出来てきま
した。
北斗君募金ポスター2

食の安全のための玄米はんの製造販
売の企業が募金活動に協力して、北
斗君応援募金に乗り出してくれたもの
である。

超高水圧(6000気圧)で加工する
ことにより、柔らかくて美味しい玄米
変身。

炊飯器でお米と同じように炊けるそう
である。

199項目の農薬が検出されず、アト
ピー協会推奨品であるそうな。

ポスターは2種類で、北斗君の紹介と
募金活動を紹介したものと、お子さん
用に北斗君を紹介しただけのもので、
いずれも下段に応援企業の名が印刷
されている。


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします





ジャンル:福祉・ボランティア テーマ:ボランティア活動
2008⁄05⁄05 12:28 カテゴリー:介助犬・補助犬 comment(9) trackback(0)







こいのぼりの会・福祉フォーラムにて講演


 人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします

福祉フォーラムにて講演

昨日の雨で前夜祭は流れたものの、3
日の当日朝から快晴で、ひもに結わえ
たこいのぼり達を4基のクレーンで天
高くなびかせることが出来た。
少々暑いくらいで、全くのイベント日
和。
天高くこいのぼり

田辺市内の福祉協力グループ「こいの
ぼりの会・実行委員会」が扇が浜カッ
パークにて「第8回福祉フォーラムを
開催。

今年で8回目で、今年も300匹の鯉
のぼりが天高く泳ぐ中ステージでイベ
ント。
テントでは、作業所や保育所、各団体
フリマの安いもの、うまい物が満載。
テント1

色んなステージイベントが企画されて
る中、トップを切って鈴木さんの講
演。
講演中の鈴木さん1

北斗を横に置いて、障害者の介助犬の
必要性を説いたり、健常者の理解を要
請。
又京都生まれの北斗が和歌山にきた経
緯など。

1匹の介助犬を育てるのに350万か
ら400万円必要で、今現在介助犬希
望の障害者が1万5千人もいること、
そのためには多くの人の募金の必要性
を訴える。

又いくつかの、北斗の介助犬振りを実
演。

落した携帯電話を拾って鈴木さんに渡
すところ。
講演中の鈴木さん4

落したボールペンを壊さないよう優し
く渡すまで。
講演中の鈴木さん5

財布を拾って渡すところ。
講演中の鈴木さん7

鈴木さんが立ち上がる手伝い。
講演中の鈴木さん2

お日さまに照らされた演壇は少々北斗
に暑かったんではと心配したが気にし
た風もなく鈴木さんに言われたことを
実演してお手伝い。

最後に、幼児を演壇に上げて、一緒に
なってこいのぼりの歌をうたって講演
終了。

北斗、介助犬の有用性を人の心に残し
て鈴木さんと演壇を降りる。


  

人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします





ジャンル:福祉・ボランティア テーマ:ボランティア活動
2008⁄05⁄05 11:04 カテゴリー:介助犬・補助犬 comment(0) trackback(0)







すさみ町、ボランティア―連絡協議会研修会で


  人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします

介助犬北斗、すさみでの活躍

上記タイトルだが北斗がメインでなく、ユーザーである障害者1級の鈴木さん
がすさみで公演活動をしたという話である。

実は、介助犬北斗のブログを鈴木さんのためにつくって、更新も引き受けてい
るんだが、今年の新規の講演依頼はまだなので、今のうちに過去の事例の一部
でもアップしておこうと先日すさみの福祉センターに行って来た。

昨年の6月に、すさみ町ボランティア―連絡協議会の総会・研修会の研修会と
して鈴木さんに講演依頼があったという訳である。
元はと云えば、その前の年、見老津の小学校での福祉の総合学習で鈴木さんが
講演していて、それが縁であるそうである。

社会福祉協議会によるボランティア―便りによると、

「介助犬北斗と共に生きる人生」
  
鈴木さんは病気のため車いすでの生活を送っています。
鈴木さんは右手で電動車いすの操縦レバーを動かして、前後左右に車いすの移
動を行いますが左手が不自由なので北斗は何時も左隣でお手伝いします。

北斗1


「北斗と暮らす様になってから外出する機会が増え、北斗が隣に居るとみんな
が声をかけてくれるので外出するのhが楽しくなりました。」

北斗は鈴木さんの手だすけをするだけでなくいつも寄り添ってともに歩いてく
れるパートナーでもあります。

北斗2


鈴木さんが車いすから立ち上がるとき、北斗は全身の力を集中し、しっかり踏
ん張って鈴木さんの体を支えます。

静木さんがペンを床に落とし、英語で「テイク」と声をかけると、北斗は口で
ペンを拾い、鈴木さんの手の位置で加えたまま待機!
「アウト」のこえでぺんをくちからはなしました。
指示する時は英語を使います。

仕事着の赤いベストを脱ぐと無邪気な北斗に変身!
「今日は、一緒にあそぼ!」

北斗3



鈴木さんは、人と動物が共に暮らしていける社会、介助犬を連れた障害者を受
け入れてくれる社会、そして誰にでも優しい社会が来ることを願って、活動を
続けています。


最後に鈴木さんからメッセージ

障害者専用駐車位置に車を止めないでほしいのです。
他の駐車スペースでは、車いすの乗降が出来なくて困っていることを、みんな
に教えてあげて下さい。

FC2 Blog Ranking 応援よろしくお願いします





ジャンル:福祉・ボランティア テーマ:身体障害者補助犬
2008⁄04⁄12 16:01 カテゴリー:介助犬・補助犬 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










<< back | HOME | next >>



Copyright © 2017 災害救助犬活動・和歌山. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。