災害救助犬活動・和歌山
 介助犬北斗の引退に伴い、リニューアルスタート。和歌山の災害救助犬について書きすすめたい
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








災害救助犬協会・1


和歌山災害救助犬協会

和歌山にも災害救助犬教会がある。

但し県庁所在地でなく新宮市である。

鈴木さんの介助犬活動を応援したが、お亡くなりになったこともあり災害救助犬に興味を持った。

ホームページから抜書きしてみる。


和歌山災害救助犬協会

災害救助犬シール

○ 設立趣旨

災害時の遭難者にたいして、捜索活動を行い早期発見し人命救助を行うことを主たる目的とし、災害救助犬の育成に関する事業を行い、人命救助に寄与することを目的とする。また、犬を通してのセラピ?ドッグ事業、ふれあい事業等を行い社会貢献に寄与することを目的とする。

○ 設立に至るまでの経過

東南海・南海沖の地震が危ぐされる中、和歌山県には災害救助犬の育成団体がなく海外や他府県の災害救助犬に頼らないといけない状態です。
災害時にいかに迅速に遭難者を発見できるかが生存を高める鍵となります。
災害時に高度な捜索技術や、知識を身につけた地域に密着した災害救助犬の団体が迅速に出動し遭難者の救助にあたれば一人でも多くの人命を救うことができるのです。
そのためには、個人より信頼性のある法人格を持った災害救助犬の育成や災害救助犬の普及のできる団体が必要だと思い、和歌山災害救助犬協会を設立しました。

○ 参加のお願い

災害救助犬の認定は、高度な技術の持った犬の育成は当然ですが、地震や津波などの広域災害の場合、いかに沢山の人命を救出できるかは早期にどれだけ沢山の犬での捜索活動ができるかにかかつています。
認定犬までのレベルに達しなくても、ある程度の訓練をした犬と飼い主が災害時に自分の近くを捜索するだけでも助けることのできる命が増えると思います。
ぜひ、家庭犬でも訓練に参加していただきレベルの差はあっても多少の能力を人・犬共に身につけて頂き災害に備えていただければと思います。

○ 活動の目的と内容

・ 災害救助犬の育成

?訓練講習会

?捜索救助訓練

?資格認定試験

訓練の内容

?基礎訓練(服従訓練)と?捜索訓練(特殊訓練)を行い?資格認定試験に合格することを目標としており、実際の災害が発生した場合に速やかに出動することが出来る体制の確立と即戦力になる災害救助犬の育成が主たる目的です。

当協会では、社会に役立てる災害救助犬の育成とネットワークづくりを目指しております。

・ セラピードッグ育成

?訓練講習会

?服従訓練

?資格認定試験

?各種団体への慰問活動

訓練の内容

訓練の内容は、人や犬に吠えない・かまない・飛びつかないが基本です。

当協会では、パフォ?マンス等も取り入れて楽しくふれあい活動を行っていきます。

?基礎訓練(訓練講習会))と?服従訓練を行い?資格認定試験に合格することを目標としており、?各種団体への慰問活動が行える、セラピ?ドッグの育成が目的であり。

当協会では、社会に役立つセラピ?ドッグの育成とネットワークづくりを目指しております。

・ ふれあい活動

?犬とのふれあい活動

?犬のしつけ教室

?ボランティア活動

いろいろなイベントや商店街などで、人と犬とのふれあいを行い、地域住民との交流を深め、地域の活性化を目指すとともに、災害救助犬やセラピ?ドッグの認知度を高める活動です。

・ 犬のしつけ教室(会員対象)

犬の飼い方から始まって、歩き方やスワレ・フセ・マテなど初歩的な服従訓練まで教えます。

犬の問題行動や、犬の飼育でわからない事などの相談にも応じ、楽しい犬との生活を応援します。






ジャンル:福祉・ボランティア テーマ:盲導犬・盲導犬育成支援
2009⁄11⁄17 14:20 カテゴリー:和歌山県の災害救助犬 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








災害救助犬について


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします

日本救助犬協会が生まれるまで


北斗も引退して鈴木家から離れ、のんびり悠々自適の余生送ることとなり、当ブログの当初の役目を終えました。

ただせっかく作ったブログでもあり、鈴木さん・北斗の名を残すためにも「ボランティアー、犬」に関したブログで続けることとしました。

介助犬で続けられれば良かったのですが和歌山にはほかに介助犬がいないこともあり、一応メインとして災害救助犬を取り上げることとしました。

もちろん今までアップした北斗に関しては補助犬内の介助犬のカテゴリーに入れておくこととしました。



災害救助犬の日本での歴史は非常に浅く、実は阪神淡路大震災以前には災害救助犬という考えは日本に殆どありませんでした。

ところが1995年 阪神淡路大震災において未曾有の災害がおき6433名からの犠牲者が出ました。

その中には地震直後の建物の倒壊で亡くなった人以外に救えたかもしれない人が沢山いたことは皆さん先刻ご承知のとおりです。

時を置かずして海外から、災害救助犬のボランティアー部隊がやって着てくれましたが、当時日本には受け入れ態勢がなかったのです。

検疫という制度が壁となり海外からの救助犬は空港で足止めされてしまいました。

緊急時での検疫の緊急避難措置が即刻取れるほど柔軟な人間が上にいなかった訳です。

地震発生から3日という貴重な時間が救助活動まで浪費されることとなリ、あたら救えたかもしれない多くの人の命失うことt歩なったのです。


そのことが教訓となり、日本に救助犬の必要性が認識され日本災害救助犬協会が生まれました。

げんざいはNPO法人・日本救助犬協会として 活動しています。


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします





ジャンル:福祉・ボランティア テーマ:ボランティア活動
2009⁄03⁄27 20:53 カテゴリー:日本救助犬協会 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








新年のご挨拶


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします

謹賀新年

夕焼け


旧年中はいろいろ有難うございました。

本年もどうかよろしくお願いします

                  元旦


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします




ジャンル:福祉・ボランティア テーマ:日常
2009⁄01⁄04 14:21 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








介助犬北斗のその後


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします

北斗のその後

北斗9


先日、鈴木さんのご自宅を訪問してきました。

実は前日の9日の午前中に、北斗 西宮に発ってしま
っていて居ないことは分かっていた。

7日に話が出て9日に連れに来た、なんとも慌ただし
いことのようであった。

7日に、当方の別の地域情報のブログに鈴木さんの娘
さんから書き込みがあったんだが見過ごして、気づい
たのが9日の午後。

もう少し早く気付いておればせめて北斗が立つ時に行
かせてもらうんであったが、どうにも遅すぎたんであ
る。

その時、鈴木さんのご主人から聞いたのは、以下の内
容であった。

県にも補助犬課というものができており、その担当者
から、介助犬が次のパートナーのために再教育するこ
となく引退するのが普通であるということは承知では
あるが、北斗この9月でまだ6才と若い。
出来ればどなたか和歌山の障害者の方に再教育できま
せんかという話が、北斗の介助犬認定試験でご縁のあ
る兵庫介助犬協会にあったそうである。

そういう県の意向もあり、鈴木さん、年内は北斗手元
に置いてと思っていたそうだが急遽協会に引き取って
貰うこととなったそうである。

ご主人によると、自分もそこそこ年なので、ホントは
引退犬として手元に置いておきたかったそうだが、今
はよくても先々考えたらそれも難しいことなんで、北
斗再度活躍の場ができる可能性があるならその芽を伸
ばしてあげたいことと、急きょ手放す決心をしたそう
だ。

奥さん亡くした時でも自分は泣かなかったが、北斗手
放すときおお泣きされたそうだが、こちらでワンコの
死に目にあってきた当方としても、よく理解できる。

当方の目の前でもその時の辛かったことが蘇って、涙
ながされていた。



鈴木さんがお亡くなりになった直後にブログアップし
ておいたが、しばらくぶりに、その後の北斗の様子な
ど皆様に報告しておこうと書くことにした。

そのため北斗の居場所の兵庫介助犬協会に電話を入れ
て責任者と話をして実は大いに驚いた。

こちらは鈴木さんのご主人から北斗次の再教育のため
協会に行っていると聞かされていたので、その様子を
聞こうとしたんだが、実は北斗兵庫介助犬協会に居ず
引退犬として後々面倒見てもらう筈のお宅で目下試験
的に飼われているそうである。

そのお宅にも先住犬がいて、その犬との相性とか、そ
このお宅で他の問題などが起こらないか目下様子見の
最中だそうである。

鈴木さんから聞かされていた話とチト食い違いが大き
いので、県の補助犬課からのお話が無かったのかも聞
いてみたんだがそんな話もなかったそうである。

当方としては、引退犬となる運命の介助犬が再度、困
ってる方のお役に立つということは、これは素晴らし
いこと、ただし今までやられてこなかったのは相当困
難が伴うことゆえだけに、それをあえてするのなら、
これは「その後の北斗」で皆様に報告していかなけれ
ばなんて思っていたもんで大いに驚いたんである。


このブログの方針またまた考えなければならなくなっ
た様である。

人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします







ジャンル:福祉・ボランティア テーマ:身体障害者補助犬
2008⁄09⁄21 20:53 カテゴリー:介助犬・補助犬 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








鈴木さんの突然の死


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします

鈴木さんの突然の死

8月24日、ビッグユーにて鈴木さんと北斗の講演会
があって多くの人に感動を与えたばかり。

イベント1

イベント2


其の4日後の28日に脳溢血で倒れて、病院に連れて
行ったそうである。
当方鈴木さんのブログ立ち上げてる御縁で29日に娘
さんから連絡があったのである。

当方の周りでも脳溢血で倒れても、現在リハビリ中の
人すさみのビーチ使って歩いていたりするからその時
点では多少楽観的ではあった。

30日に運び込まれた田辺の国立病院の医療センター
に行ってみたが、持病の事も有り未だ手術も出来ない
状態との事で予断を許す状況にないことを理解。。

9月1日(月)にどちらにするか、すなわちそのままの
状態を維持し延命を図るか、すべての危険を冒しても
回復狙いで手術をするかが決まるそうであった。

いずれにしろ北斗の行く末が難しい事になりそうな気
がしてならなかった。

所が非常に残念な事に2日の日にお亡くなりになった
との連絡が当方のるすにあった。

その頃当方もビッグユーにて館長と面談中に、新聞の
葬儀広告見せられて知ったのである。

実に大きな病抱えながら、介助犬紹介や福祉活動に動
かれていたのに頭が下がる。

その一端の紹介に僅かばかりでも関われたことも、何
かの御縁で不思議なきがする。

鈴木さんがお亡くなりになったのでこのブログも、閉
じるか、鈴木さんの遺志を生かして介助犬の普及・啓
発の為に残すとか、その後の北斗を書くとか、何らか
の方針決定をちかじかしなければならない。

昨夜、田辺のベルコシティホールにて通夜があり当方
も出席させて貰って来た。
こちらに来て知り合いもいないことゆえ初めての通夜
となった。

通夜1

通夜2


北斗も来ているかと思ったが北斗いなかった。
鈴木さんがお亡くなりになった以上北斗は介助犬から
引退し引退犬となることとなtろう。

和歌山でただ1頭の介助犬であったから、少なくとも
今まで通り学校に訪問して介助犬の仕事ぶりみせて
啓発活動何としても出来る方策考えて貰えればとお
もってみたりする。

それだけに鈴木さんの死、ちと早かった気がしてなら
ない。

人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします






2008⁄09⁄19 10:53 カテゴリー:介助犬・補助犬 comment(0) trackback(1)
▲pagetop










<< back | HOME | next >>



Copyright © 2017 災害救助犬活動・和歌山. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。