災害救助犬活動・和歌山
 介助犬北斗の引退に伴い、リニューアルスタート。和歌山の災害救助犬について書きすすめたい
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








こいのぼりの会・福祉フォーラムにて講演


 人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします

福祉フォーラムにて講演

昨日の雨で前夜祭は流れたものの、3
日の当日朝から快晴で、ひもに結わえ
たこいのぼり達を4基のクレーンで天
高くなびかせることが出来た。
少々暑いくらいで、全くのイベント日
和。
天高くこいのぼり

田辺市内の福祉協力グループ「こいの
ぼりの会・実行委員会」が扇が浜カッ
パークにて「第8回福祉フォーラムを
開催。

今年で8回目で、今年も300匹の鯉
のぼりが天高く泳ぐ中ステージでイベ
ント。
テントでは、作業所や保育所、各団体
フリマの安いもの、うまい物が満載。
テント1

色んなステージイベントが企画されて
る中、トップを切って鈴木さんの講
演。
講演中の鈴木さん1

北斗を横に置いて、障害者の介助犬の
必要性を説いたり、健常者の理解を要
請。
又京都生まれの北斗が和歌山にきた経
緯など。

1匹の介助犬を育てるのに350万か
ら400万円必要で、今現在介助犬希
望の障害者が1万5千人もいること、
そのためには多くの人の募金の必要性
を訴える。

又いくつかの、北斗の介助犬振りを実
演。

落した携帯電話を拾って鈴木さんに渡
すところ。
講演中の鈴木さん4

落したボールペンを壊さないよう優し
く渡すまで。
講演中の鈴木さん5

財布を拾って渡すところ。
講演中の鈴木さん7

鈴木さんが立ち上がる手伝い。
講演中の鈴木さん2

お日さまに照らされた演壇は少々北斗
に暑かったんではと心配したが気にし
た風もなく鈴木さんに言われたことを
実演してお手伝い。

最後に、幼児を演壇に上げて、一緒に
なってこいのぼりの歌をうたって講演
終了。

北斗、介助犬の有用性を人の心に残し
て鈴木さんと演壇を降りる。


  

人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします

FC2 Blog Ranking こちらも応援よろしくお願いします

スポンサーサイト





ジャンル:福祉・ボランティア テーマ:ボランティア活動
2008⁄05⁄05 11:04 カテゴリー:介助犬・補助犬 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL
http://kaijyokenn.blog120.fc2.com/tb.php/9-4b192f37


| HOME |



Copyright © 2017 災害救助犬活動・和歌山. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。