災害救助犬活動・和歌山
 介助犬北斗の引退に伴い、リニューアルスタート。和歌山の災害救助犬について書きすすめたい
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








災害救助犬協会・1


和歌山災害救助犬協会

和歌山にも災害救助犬教会がある。

但し県庁所在地でなく新宮市である。

鈴木さんの介助犬活動を応援したが、お亡くなりになったこともあり災害救助犬に興味を持った。

ホームページから抜書きしてみる。


和歌山災害救助犬協会

災害救助犬シール

○ 設立趣旨

災害時の遭難者にたいして、捜索活動を行い早期発見し人命救助を行うことを主たる目的とし、災害救助犬の育成に関する事業を行い、人命救助に寄与することを目的とする。また、犬を通してのセラピ?ドッグ事業、ふれあい事業等を行い社会貢献に寄与することを目的とする。

○ 設立に至るまでの経過

東南海・南海沖の地震が危ぐされる中、和歌山県には災害救助犬の育成団体がなく海外や他府県の災害救助犬に頼らないといけない状態です。
災害時にいかに迅速に遭難者を発見できるかが生存を高める鍵となります。
災害時に高度な捜索技術や、知識を身につけた地域に密着した災害救助犬の団体が迅速に出動し遭難者の救助にあたれば一人でも多くの人命を救うことができるのです。
そのためには、個人より信頼性のある法人格を持った災害救助犬の育成や災害救助犬の普及のできる団体が必要だと思い、和歌山災害救助犬協会を設立しました。

○ 参加のお願い

災害救助犬の認定は、高度な技術の持った犬の育成は当然ですが、地震や津波などの広域災害の場合、いかに沢山の人命を救出できるかは早期にどれだけ沢山の犬での捜索活動ができるかにかかつています。
認定犬までのレベルに達しなくても、ある程度の訓練をした犬と飼い主が災害時に自分の近くを捜索するだけでも助けることのできる命が増えると思います。
ぜひ、家庭犬でも訓練に参加していただきレベルの差はあっても多少の能力を人・犬共に身につけて頂き災害に備えていただければと思います。

○ 活動の目的と内容

・ 災害救助犬の育成

?訓練講習会

?捜索救助訓練

?資格認定試験

訓練の内容

?基礎訓練(服従訓練)と?捜索訓練(特殊訓練)を行い?資格認定試験に合格することを目標としており、実際の災害が発生した場合に速やかに出動することが出来る体制の確立と即戦力になる災害救助犬の育成が主たる目的です。

当協会では、社会に役立てる災害救助犬の育成とネットワークづくりを目指しております。

・ セラピードッグ育成

?訓練講習会

?服従訓練

?資格認定試験

?各種団体への慰問活動

訓練の内容

訓練の内容は、人や犬に吠えない・かまない・飛びつかないが基本です。

当協会では、パフォ?マンス等も取り入れて楽しくふれあい活動を行っていきます。

?基礎訓練(訓練講習会))と?服従訓練を行い?資格認定試験に合格することを目標としており、?各種団体への慰問活動が行える、セラピ?ドッグの育成が目的であり。

当協会では、社会に役立つセラピ?ドッグの育成とネットワークづくりを目指しております。

・ ふれあい活動

?犬とのふれあい活動

?犬のしつけ教室

?ボランティア活動

いろいろなイベントや商店街などで、人と犬とのふれあいを行い、地域住民との交流を深め、地域の活性化を目指すとともに、災害救助犬やセラピ?ドッグの認知度を高める活動です。

・ 犬のしつけ教室(会員対象)

犬の飼い方から始まって、歩き方やスワレ・フセ・マテなど初歩的な服従訓練まで教えます。

犬の問題行動や、犬の飼育でわからない事などの相談にも応じ、楽しい犬との生活を応援します。




スポンサーサイト


ジャンル:福祉・ボランティア テーマ:盲導犬・盲導犬育成支援
2009⁄11⁄17 14:20 カテゴリー:和歌山県の災害救助犬 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2009 災害救助犬活動・和歌山. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。